読解力を身につける

「読解力を身につけるレッスン」は、表現力をつけるために必要な読解力を身につけるものです。子ども向け新聞のコラム「天声こども語」(374文字)を書き写すことで、時事ニュースに関心を持ち、語彙力を身につけることができます。
レッスンの1週目は「天声こども語」を段落ごとに要約して120字や150字にします。そのあともう一度余分な修飾語などを削って80字にまとめる練習をします。何回も繰り返すうちに、論理的な思考ができ、要約ができるようになっていきます。
2週目は、そのテーマについて調べたり、意見交換をしたりします。最後は自分の意見を400字の作文にまとめてもらいます。この作文練習を通して、自分の意見を組み立て、プレゼンテーションする力を身につけることができます。作文はレッスン前にメールで提出していただければ添削してお戻しします。

<毎週火曜日>
・16:30〜17:00(30分)・17:00〜17:30(30分)・17:30~18:00(30分)
対象:小学生・中学生
<毎週水曜日>
・16:30〜17:00(30分)
対象:小学生・中学生

10月4日(火)・5日(水)、11日(火)・12日(水) 「ごみの中から金や銀が出てきたぞ」
10月18日(火)・19日(水)、25日(火)・26日(水) 「インドの人口が世界一に。では最少はどこ?」

脇阪先生より

「読解力を身につける」受講者の皆様へ (10月第1回、第2回分)

小学校、中学校で学ぶ国語がどうも苦手だ。どこをどう読よんだら良いか、よくわからない。何が書いてあるのか、難しくてわからない。そんなお子さんに「読解力を身につける」講座はいかがですか。続けているうちに自然に文章が読めるようになり、書けるようになります。プレゼンテーションの力もつきます。

大学入試共通テストや中学受験などでも求められる「思考力・判断力・表現力」の基本の力を身につける講座です。

朝日小学生新聞に掲載されている「天声こども語」から時々のテーマを選び、それを読んで音読や書き写し、要約をしてもらいます。レッスンでは、接続詞や指示語の使い方も聞いていきます。さらに、そこに書かれている話にまつわる話題を元に進めます。1回30分ほどです。

10月最初のテーマは「ごみの中から金や銀が出てきたぞ」(仮題)です。10月4日と11日(火)、5日と12日(水)の2週(2回)で1つのこども語を扱います。「ごみの中から金や銀が出てきた」は、ある市のごみ集積所で金や銀をより分けて、金銀それぞれ15㌔も回収したという話です。まさに、「ちりも積もれば山になる」という話です。どこでもできることなのでしょうか。考えてみましょう。

10月の18日と25日(火)と19日と26日(水)の二つ目は「インドの人口が世界一に。では最少はどこ?」(仮題)です。インドの人口が来年には世界一になりそうです。今は中国が一番です。では、最も少ないのはどこにある国でしょうか。世界にはいろいろな国があります。日本とはどんな関係だったのでしょうか。

まずは音読をしてみましょう。全部で374文字あります。大きな声を出して1分~2分で読めるはずです。読むときは「は」や「が」で一息休んでください。何の話が書かれているか、何が主語かを見つけるくせをつけましょう。そのあと、書き写してみてください。20分から30分でできると思います。その後は、4つの段落ごとに短くして(要約)、合計120字~150字でまとめてみてください。

そして、全体を80字程度に要約してみてください。主語はなるべく繰り返さず、全体像をとらえて思い切って短くしてください。一つの文章を短くする工夫をしてみましょう。最後は見出し(タイトル)です。できたら二つか三つ考えてみてください。主語と述語を組み合わせて、短い文にしてみましょう。それぞれLINE(ホームページに送り方が書いてあります)で送ってください。必ず添削して、返送します。

最後に、宿題があります。「できたら」で結構です。

最初の課題は、「自分の家で、ごみを減らす工夫をしていますか。それはどんな方法でしょうか」を400字で書いてみてください。ごみを減らすことは、どんなことにつながるのでしょうか。考えてみましょう。

二つ目は、「日本の人口は減り続けていますが、どうしたら良いと思いますか」。400字か800字で書いてみてください。お父さんやお母さんの子どもの時の話を聞くと、クラスの数がとても多いことが分かります。人口が減ることをどう考えますか。

何回送ってきても良いです。添削して返送いたします。頑張って少しずつやってみましょう。苦手な文章も案外書けるようになります。また、時事ニュースにも強くなりますよ。

レッスン日は
火曜日(4日・11日、18日・25日)
16時半〜
17時~
17時半〜

水曜日(5日・12日、19日・26日)
16時半〜

レッスン開始時刻のご相談をお受けいたします。どんなことでも遠慮なくお尋ねください。ガイダンスもZOOMで行いますので、ご相談ください。

ウイズダムアカデミー 脇阪 嘉明

11月1日(火)・2日(水)、8日(火)・9日(水) 「梨は全国各地で作られている」
11月16日(水)・30日(水) 「教科書が紙からデジタルに変わる」

脇阪先生より

「読解力を身につける」受講者の皆様へ (11月第1回、第2回分)

小学校、中学校で学ぶ国語がどうも苦手だ。どこをどう読よんだら良いか、よくわからない。何が書いてあるのか、難しくてわからない。そんなお子さんに「読解力を身につける」講座はいかがですか。続けているうちに自然に文章が読めるようになり、書けるようになります。プレゼンの力もつきます。

大学入試共通テストや中学受験などでも求められる「思考力・判断力・表現力」の基本の力を身につける講座です。

朝日小学生新聞に掲載されている「天声こども語」から時々のテーマを選び、それを読んで音読や書き写し、要約をしてもらいます。レッスンでは、接続詞や指示語の使い方も聞いていきます。さらに、そこに書かれている話にまつわる話題を元に進めます。

11月最初のテーマは「梨は全国各地で作られている」(仮題)の話です。11月1日と8日(火)、2日と9日(水)の2週(2回)で1つのこども語を扱います。「梨は全国各地で作られている」は、みずみずしくておいしい梨の話です。幸水や20世紀など、いろいろな名前で売られています。明治時代に見つけられ、今に続いています。梨の歴史をひも解いてみます。

11月の16日と30日(水)の二つ目は「教科書が紙からデジタルに変わる」(仮題)です。小学生の教科書が少しずつデジタルに変わります。完全には入れ替わらず、紙の教科書も残ります。良いところもあれば気になるところもあるようです。勉強にどちらが良いのか、みなさんはそれぞれの良いところを生かして使ってください。

皆さんにやってもらいたいことは、まず、声に出して読んでみることです。音読です。全部で374文字あります。大きな声を出して1分~2分で読めるはずです。読むときは「は」や「が」で一息休んでください。何の話が書かれているか、何が主語なのかを見つけるくせをつけましょう。そのあと、書き写してみてください。20分から30分でできるかな。その後は、4つの段落ごとに短くして(要約)、合計120字~150字でまとめてみてください。

その次に全体を80字程度に要約してみてください。主語はなるべく繰り返さず、全体像をとらえて思い切って短くしてください。一つの文章を短くする工夫をしてみましょう。そして最後は見出しです。できたら二つか三つ考えてみてください。主語と述語を組み合わせて、短い文にしてみましょう。それぞれ送ってくだされば添削して返送します。

最後に、宿題があります。「できたら」で結構です。

最初は、「好きなくだもののことをどこが好きか、なぜ好きかを書いてください」。好きになった理由を思い出して、書いてみてください。400字でも800字でも構いません。

二つ目の課題は、「教科書は紙とデジタルとどちらが使いやすいか」を書いてみてください。紙のよいところ、デジタルのよいところを書いてみましょう。一人ひとり違うと思います。400字か800字、どちらでも構いません。書いてみてください。

起承転結の形でも意見文の形でも結構です。添削して返送いたします。頑張って少しずつやってみましょう。苦手な国語も分かってきます。また、時事ニュースにも強くなりますよ。

レッスン日は
火曜日(1日・8日)
16時半〜
17時~
17時半〜

水曜日(2日・9日、16日・30日)
16時半〜

11月の23日(水)と29日(火)はお休みします。レッスン開始時刻のご相談をお受けいたします。どんなことでも遠慮なくお尋ねください。ガイダンスもZOOMで行いますので、ご相談ください。

ウイズダムアカデミー 脇阪 嘉明

図・表・グラフから読み取れることを考えよう

「図・表・グラフから読み取れることを考えよう」のレッスンは、最近の中学入試や高校・大学入試に良く出る、図や表・グラフからどんなことを読み取れるかを考え、文章にするレッスンです。基本的な縦軸(たてじく)や横軸(よこじく)の見方や、単位に気を付け、数字が何を語っているのか、社会的な背景にどんなことが潜んでいるのかなどを読み解きます。

<毎週水曜日>
・17:30〜18:00(30分) 対象:小学生の高学年と中学生
・19:00〜19:30(30分) 対象:小学生の高学年

10月5日(水)・12日(水)「熱中症はいつから始まった?」
10月19日(水)・26日(水)「線状降水帯を予知する?」

脇阪先生より

「図・表・グラフから読み取れることを考えよう」の受講者の皆様へ (10月第1回、第2回分)

図や表、グラフを読み取れるお子さんにしませんか?
講師の脇阪嘉明です。

このレッスンは、中学入試や高校・大学入試に良く出る、図や表・グラフからどんなことが読み取れるかを考え、議論したり文章にしたりするものです。円グラフや棒グラフなど、様々な数字がグラフで表されています。基本的な縦軸(たてじく)や横軸(よこじく)の見方や、単位に気を付け、数字が何を物語っているのか、社会の背景にどんなことが潜んでいるのかなどを読み解きます。

2022年10月前半のテーマは、「熱中症はいつから始まった?」です。
の夏もとても暑く、各地で熱中症の患者が出ました。ここ数年特に増えている感じがします。理由は気温の上昇だけなのでしょうか。部屋の中や車の中で被害にあっている人がいます。いろいろな図やグラフから熱中症を考えてみましょう。

10月の後半のテーマは、「線状降水帯を予知する?」です。
今年の夏もいろいろなところで線状降水帯が発生して、川が氾濫したり家が水没したりする被害がでました。なぜ、これほど多くの雨が降るようになったのでしょうか。気象の情報は日常の生活でとても大事です。いつ雨が降るのか、どれほど降るのか、線状降水帯の予測も始まったばかりです。考えてみましょう。

2回のレッスンで一つのテーマを扱います。初めてレッスンを受ける方は、日本の人口問題、国の予算、食料自給率やロシアのウクライナ侵攻の経済的影響などをテーマにしていきます。なるべく新しい資料を使って進めていきます。

レッスンの間に400字~800字の作文や意見文の課題があります。できたらやってみてください。受験対策でレッスンを受けているのなら、目標の学校の指定行数に合わせて書いてみましょう。何回でも添削してお返しいたします。

10月のレッスンは次の通りです
水曜日(5日・12日と19日・26日)
17時~(継続の方)
17時半~(新規の方)
19時~(継続の方)

レッスン内容を説明するガイダンスの機会を設けています。レッスンの前の土曜日か日曜日の夕方に15分ほど時間を取りますので、ご遠慮なくお尋ね下さい。

随時個人レッスンの時間も設けています。相談に応じます。
(時刻の変更、振替も相談に応じます)

ウイズダムアカデミー 脇阪 嘉明

11月2日(水)・9日(水)「消費者物価指数が30年ぶりにアップした
11月16日(水)・30日(水)「高齢者人口が3割に近づいた

脇阪先生より

「図・表・グラフから読み取れることを考えよう」の受講者の皆様へ (11月第1回、第2回分)

図や表、グラフを読み取れるお子さんにしませんか?
講師の脇阪嘉明です。

このレッスンは、中学入試や高校・大学入試に良く出る、図や表・グラフからどんなことが読み取れるかを考え、議論したり文章にしたりするものです。円グラフや棒グラフなど、様々な数字がグラフで表されています。基本的な縦軸(たてじく)や横軸(よこじく)の見方や、単位に気を付け、数字が何を物語っているのか、社会の背景にどんなことが潜んでいるのかなどを読み解きます。

2022年11月前半のテーマは、「消費者物価指数が30年ぶりにアップした」です。ロシアのウクライナ侵攻をきっかけにエネルギーや食料など、様々なものに影響がでています。消費者物価は長いこと安定していたものが、ここにきて急激に上がり始めました。様々なグラフをみて、今後どうなるのかを考えてみましょう。

11月後半は、「高齢者人口が3割に近づいた」です。世界で高齢化が進んでいる日本。2005年に20㌫を超え、今年は30㌫に近づいています。少子化も影響していて、国のありようを考えていく必要があります。世界の国々との比較もしてみましょう。

2回のレッスンで一つのテーマを扱います。これまでに、日本の人口問題、国の予算、食料自給率やロシアのウクライナ侵攻の経済的影響などを扱っています。なるべく新しい資料を使って進めていきます。

はじめて受講される方には、「日本の人口の推移」や「日本の国家予算」「気候変動を見てみよう」「ロシアがウクライナに侵攻した」などを準備しています。

レッスンの間に400字~800字の作文や意見文の課題があります。できたらやってみてください。受験対策でレッスンを受けているのなら、目標の学校の指定行数に合わせて書いてみましょう。何回でも添削してお返しいたします。

11月のレッスンは次の通りです
水曜日(2日・9日と16日・30日) 23日はお休みです。
17:00〜
19:00〜

レッスン内容を説明するガイダンスの機会を設けています。レッスンの前の土曜日か日曜日の夕方に15分ほど時間を取りますので、ご遠慮なくお尋ね下さい。

随時個人レッスンの時間も設けています。相談に応じます。
(時刻の変更、振替も相談に応じます)

ウイズダムアカデミー 脇阪 嘉明