読解力を身につける

「読解力を身につけるレッスン」は、表現力をつけるために必要な読解力を身につけるものです。子ども向け新聞のコラム「天声こども語」(374文字)を書き写すことで、時事ニュースに関心を持ち、語彙力を身につけることができます。
レッスンの1週目は「天声こども語」を段落ごとに要約して120字や150字にします。そのあともう一度余分な修飾語などを削って80字にまとめる練習をします。何回も繰り返すうちに、論理的な思考ができ、要約ができるようになっていきます。
2週目は、そのテーマについて調べたり、意見交換をしたりします。最後は自分の意見を400字の作文にまとめてもらいます。この作文練習を通して、自分の意見を組み立て、プレゼンテーションする力を身につけることができます。作文はレッスン前にメールで提出していただければ添削してお戻しします。

<毎週火曜日>
・16:30〜17:00(30分)・17:00〜17:30(30分)・17:30~18:00(30分)
対象:小学生・中学生
<毎週水曜日>
・16:30〜17:00(30分)
対象:小学生・中学生

1月10日(火)・11日(水)、17日(火)・18日(水) 「ロシアとウクライナはどうなるんだろう」
1月24日(火)・25日(水)、31日(火)・2月1日(水) 「火星を見たことはありますか」

脇阪先生より

「読解力を身につける」受講者の皆様へ (1月第1回、第2回分)

 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

小学校、中学校で学ぶ国語がどうも苦手だ。どこをどう読よんだら良いか、よくわからない。何が書いてあるのか、難しくてわからない。そんなお子さんに「読解力を身につける」講座はいかがですか。得意なお子さんには、文章力と時事ニュースに強くなります。自然に文章が読めるようになり、書けるようになります。プレゼンの力もつきます。

大学入試共通テストや中学受験などでも求められる「思考力・判断力・表現力」の基本の力を身につけ、書く力をつける講座です。

朝日小学生新聞に掲載されている「天声こども語」から時々のテーマを選び、それを読んで音読や書き写し、要約をしてもらいます。レッスンでは、接続語や指示語の、助詞の使い方も聞いていきます。また、そこに書かれている話にまつわる時事ニュースを元に進めます。

1月最初のテーマは「ロシアとウクライナはどうなるんだろう」(仮題)の話です。1月10日と17日(火)、11日と18日(水)の2週(2回)で1つのこども語を扱います。「ロシアとウクライナはどうなるんだろう」は、ロシアのウクライナ侵攻から1年になります。日々、ウクライナの惨状が伝えられています。日本へも様々なところに影響がでています。もう一度、この戦争のことを考えてみましょう。

1月の24日と31日(火)、25日と2月1日(水)の二つ目は「火星を見たことはありますか」(仮題)です。

人間が住んでいる地球とずれて回っている火星。地球からいろんな星が良く見えるタイミングを知っていると、空を見るのが楽しくなります。どこかの星に人間と同じような生物がいるかもしれません。宇宙のことを少し、学んでみましょう。

皆さんにやってもらいたいことは、まず、声に出して読んでみることです。音読です。全部で374文字あります。大きな声を出して1分~2分で読めるはずです。読むときは「は」や「が」で一息休んでください。何の話が書かれているか、何が主語なのかを見つけるくせをつけましょう。そのあと、書き写してみてください。20分から30分でできると思います。その後は、4つの段落ごとに短くして(要約)、合計120字~150字でまとめてみてください。

その次に全体を80字程度に要約してみてください。主語はなるべく繰り返さず、全体像をとらえて思い切って短くしてください。一つの文章を短くする工夫をしてみましょう。そして最後は見出しです。できたら二つか三つ考えてみてください。主語と述語を組み合わせて、短い文にしてみましょう。それぞれ送ってくだされば添削して返送します。

最後に、宿題があります。「できたら」で結構です。

最初は、「ロシアがウクライナに侵攻して、どんな影響が日本に起きていますか」を調べて、書いてみてください。400字でも800字でも構いません。

二つ目の課題は、「冬にはどんな星が見られるだろう」を400字か800字で書いてみてください。

起承転結の形でも意見文の形でも結構です。添削して返送いたします。頑張って少しずつやってみましょう。苦手な国語も分かってきます。また、時事ニュースにも強くなります。

レッスン日は
火曜日(10日・17日・24日・31日)
16時半〜
17時~
17時半〜

水曜日(11日・18日、25日・2月1日)
16時半〜

レッスン開始時刻のご相談をお受けいたします。どんなことでも遠慮なくお尋ねください。ガイダンスもZOOMで行いますので、ご相談ください。

ウイズダムアカデミー 脇阪 嘉明

2月7日(火)・8日(水)、14日(火)・15日(水) 「節電をやっていますか?」
2月21日(火)・22日(水)、28日(火)・3月1日(水) 「学校の校則はどんなものがありますか?」

脇阪先生より

「読解力を身につける」受講者の皆様へ (2月第1回、第2回分)

小学校、中学校で学ぶ国語がどうも苦手だ。どこをどう読よんだら良いか、よくわからない。何が書いてあるのか、難しくてわからない。そんなお子さんに「読解力を身につける」講座はいかがですか。得意なお子さんには、文章力と時事ニュースに強くなります。自然に文章が読めるようになり、書けるようになります。プレゼンの力もつきます。

大学入試共通テストや中学受験などでも求められる「思考力・判断力・表現力」の基本の力を身につけ、書く力をつける講座です。

朝日小学生新聞に掲載されている「天声こども語」から時々のテーマを選び、それを読んで音読や書き写し、要約をしてもらいます。レッスンでは、接続語や指示語の、助詞の使い方も聞いていきます。また、そこに書かれている話にまつわる時事ニュースを元に進めます。

2月最初のテーマは「節電をやっていますか?」(仮題)の話です。2月7日と14日(火)、8日と15日(水)の2週(2回)で1つのこども語を扱います。「節電をやっていますか」は、今年の冬、日本の電力事情が厳しくなるとみられることから、政府が企業や家庭に呼び掛けたものです。7年ぶりです。ロシアのウクライナ侵攻によって、世界的にエネルギー危機に見舞われています。原子力発電所のルールも変わります。エネルギーのことをもう一度、考えてみませんか。

2月の21日と28日(火)、22日と3月1日(水)の二つ目は「学校の校則はどんなものがありますか」(仮題)です。

校則は地域や学校によって少しずつ違うようです。みなさんの学校にはどんな校則がありますか。その校則はいつ頃決まったものは、考えたことはありますか。皆さんが自分で決めた校則はありますか。これからは、みんなも議論に加わって決めることができようになるかもしれません。

皆さんにやってもらいたいことは、まず、声に出して読んでみることです。音読です。この文章は全部で374文字あります。大きな声を出して1分~2分で読めるはずです。読むときは「は」や「が」で一息休んでください。何の話が書かれているか、何が主語なのかを見つけるくせをつけましょう。そのあと、書き写してみてください。20分から30分でできると思います。その後は、4つの段落ごとに短くして(要約)、合計120字~150字でまとめてみてください。

その次に全体を80字程度に要約してみてください。主語はなるべく繰り返さず、全体像をとらえて思い切って短くしてください。一つの文章を短くする工夫をしてみましょう。そして最後は見出しです。できたら二つか三つ考えてみてください。主語と述語を組み合わせて、短い文にしてみましょう。それぞれ送ってくだされば添削して返送します。

課題もあります。「できたら」で結構です。

最初は、「節電で気を付けていること」を書いてみてください。家のことでも学校のことでも良い方をえらんでください。400字でも800字でも、どちらでも構いません。

二つ目の課題は、「皆さんの学校で気になる校則のこと」を400字か800字で書いてみてください。

起承転結の形でも意見文の形でも結構です。添削して返送いたします。頑張って少しずつやってみましょう。苦手な国語も分かってきます。また、時事ニュースにも強くなります。

レッスン日は
火曜日(7日・14日・21日・28日)
16時半〜
17時~
17時半〜

水曜日(8日・15日、22日・3月1日)
16時半〜

レッスン開始時刻のご相談をお受けいたします。どんなことでも遠慮なくお尋ねください。ガイダンスもZOOMで行いますので、ご相談ください。

ウイズダムアカデミー 脇阪 嘉明

3月7日(火)・14日(火)、8日(水)・15日(水) 「エタノールって知っていますか?」
3月21日(火)・28日(火)、22日(水)・29日(水) 「鳥インフルエンザの影響は?」

脇阪先生より

「読解力を身につける」受講者の皆様へ (3月第1回、第2回分)

小学校、中学校で学ぶ国語がどうも苦手だ。どこをどう読よんだら良いか、よくわからない。何が書いてあるのか、難しくてわからない。そんなお子さんに「読解力を身につける」講座はいかがですか。得意なお子さんにとっては、文章力がつくとともに、時事ニュースに強くなります。自然に文章が読めるようになり、言いたいことが書けるようになります。プレゼンの力もつきます。

大学入試共通テストや中学受験などでも求められる「思考力・判断力・表現力」の基本の力を身につけ、書く力をつける講座です。

朝日小学生新聞に掲載されている「天声こども語」から時々のテーマを選び、それを読んで音読や書き写し、要約をしてもらいます。レッスンでは、接続語や指示語の、助詞の使い方も聞いていきます。また、そこに書かれている話にまつわる時事ニュースを元に進めます。

3月最初のテーマは「エタノールって知っていますか?」(仮題)の話です。3月7日と14日(火)、8日と15日(水)の2週(2回)で1つのこども語テーマを扱います。
大阪の化学メーカーが発明した円筒形の固形燃料。今では多くの旅館で使われています。苦労して研究を重ね、完成して40年余り。おいしい料理を頂ける道具になっています。小さなきっかけから始まって、長く使われる。困りごとを解決することが大事なんですね。

3月の21日と28日(火)、22日と29日(水)の二つ目は「鳥インフルエンザの影響は?」(仮題)です。

鳥インフルエンザがはやっていて、多くのニワトリが死んでいます。日本には人口よりたくさんのニワトリがいて、みなさんの食生活を支えています。牛や豚などもたくさんいて、たくさんの方たちが苦労して育てています。鳥インフルエンザの影響は卵の値段にもはねかえっています。「物価の優等生」といわれるたまごに何が起きているのでしょう。
考えてみましょう。

皆さんにやってもらいたいことは、まず、声に出して読んでみることです。音読です。この文章は全部で374文字あります。大きな声を出して1分~2分で読めるはずです。読むときは「は」や「が」で一息休んでください。何の話が書かれているか、何が主語なのかを見つけるくせをつけましょう。そのあと、書き写してみてください。20分から30分でできると思います。その後は、4つの段落ごとに短くして(要約)、合計120字~150字でまとめてみてください。

その次に全体を80字程度に要約してみてください。主語はなるべく繰り返さず、全体像をとらえて思い切って短くしてください。一つの文章を短くする工夫をしてみましょう。そして最後は見出しです。できたら二つか三つ考えてみてください。主語と述語を組み合わせて、短い文にしてみましょう。それぞれ送ってくだされば添削して返送します。

課題もあります。「できたら」で結構です。

最初は、「身の周りのもので発明されたもの」を書いてみてください。200字か400字でお願いします。

二つ目の課題は、「好きな卵料理の紹介文」を書いてみてください。200字でも400字でも構いません。

起承転結の形でも意見文の形でも結構です。添削して返送いたします。頑張って少しずつやってみましょう。苦手な国語も分かってきます。また、時事ニュースにも強くなります。

レッスン日は
火曜日(7日・14日・21日・28日)
16時半〜
17時~
17時半〜

水曜日(8日・15日、22日・29日)
16時半〜

レッスン開始時刻のご相談をお受けいたします。どんなことでも遠慮なくお尋ねください。ガイダンスもZOOMで行いますので、ご相談ください。

ウイズダムアカデミー 脇阪 嘉明

図・表・グラフから読み取れることを考えよう

「図・表・グラフから読み取れることを考えよう」のレッスンは、最近の中学入試や高校・大学入試に良く出る、図や表・グラフからどんなことを読み取れるかを考え、文章にするレッスンです。基本的な縦軸(たてじく)や横軸(よこじく)の見方や、単位に気を付け、数字が何を語っているのか、社会的な背景にどんなことが潜んでいるのかなどを読み解きます。

<毎週水曜日>
・17:30〜18:00(30分) 対象:小学生の高学年と中学生
・19:00〜19:30(30分) 対象:小学生の高学年

1月11日(水)・18日(水)「食品ロスはどうするべきか」
1月25日(水)・2月1日(水)「日本の動物園・水族館は増えているの?」

脇阪先生より

「図・表・グラフから読み取れることを考えよう」の受講者の皆様へ ('23年1月第1回、第2回分)

図や表、グラフを読み取れるお子さんにしませんか?
講師の脇阪嘉明です。

このレッスンは、中学入試や高校・大学入試に良く出る、図や表・グラフからどんなことが読み取れるかを考え、議論したり文章にしたりするものです。円グラフや棒グラフなど、様々な数字がグラフで表されています。基本的な縦軸(たてじく)や横軸(よこじく)の見方や、単位に気を付け、数字が何を物語っているのか、社会の背景にどんなことが潜んでいるのかなどを読み解きます。

2023年1月前半のテーマは、「食品ロスはどうするべきか」です。
日本には、おいしい食べ物がたくさんあふれています。でも、残したり、売れ残ったりするものも結構あります。会社やお店が工夫して、少しでも減らそうと考えています。それぞれの家庭でも、なるべく残さないように料理をして、次の日にも食べたりしています。残った食品を肥料に使うこともしています。食品ロスの量はどのくらいあるのだろう。考えてみましょう。

1月後半は、「日本の動物園・水族館は増えているの?」です。
皆さんは、動物は好きですか。日本には各地に動物園や水族館があり、みなさんを他惜しませてくれます。パンダが生まれれば見たいと思う人も多いと思います。変わった動物や普段見ることができない魚を見ることができます。日本の動物園・水族館は増えているのだろうか?

初めての人は「気候変動を考えたことはありますか」や「日本の人口の推移」、「日本の国家予算」、「ロシアがウクライナに侵攻した影響」などを準備しています。

レッスンの間に400字~800字の作文や意見文の課題があります。できたらやってみてください。受験対策でレッスンを受けているのなら、目標の学校の指定行数に合わせて書いてみましょう。何回でも添削してお返しいたします。

1月のレッスンは次の通りです
水曜日(11日・18日と25日・2月1日)
17:00〜
17:30〜

レッスン内容を説明するガイダンスの機会を設けています。レッスンの前の土曜日か日曜日の夕方に15分ほど時間を取りますので、ご遠慮なくお尋ね下さい。

随時個人レッスンの時間も設けています。相談に応じます。
(時刻の変更、振替も相談に応じます)

ウイズダムアカデミー 脇阪 嘉明

2月8日(水)・15日(水)「日本の留学生は増えているの」
2月22日(水)・3月1日(水)「学校の部活動が減ってきている」

脇阪先生より

「図・表・グラフから読み取れることを考えよう」の受講者の皆様へ ('23年2月第1回、第2回分)

図や表、グラフを読み取れるお子さんにしませんか?
講師の脇阪嘉明です。

このレッスンは、中学入試や高校・大学入試に良く出る、図や表・グラフからどんなことが読み取れるかを考え、議論したり文章にしたりするものです。

円グラフや棒グラフなど、様々な数字がグラフで表されています。基本的な縦軸(たてじく)や横軸(よこじく)の見方や、単位に気を付け、数字が何を物語っているのか、社会の背景にどんなことが潜んでいるのかなどを読み解きます。

2023年2月前半のテーマは、「日本の留学生は増えているの」(仮題)です。
日本人が欧米圏へ初めて留学したと言われるのが、1871年の岩倉使節団に随行した津田梅子たちです。世界を見てみよう、と人生のどこかで各国に行き、勉強できるのは幸せです。ただ、最近、日本人の留学生は余り増えてはいません。機会があったら、挑戦してみませんか。日本の留学事情を見てみましょう。

2月後半は、「学校の部活動が減ってきている」(仮題)です。
皆さんは、何か部活動はやっていますか。スポーツ系や文科系など様々な分野の部活動がありますが、最近は減ってきています。子どもの数が減っていることも背景にありますが、指導する先生たちの働き方も問題になってきて、地域に移行することも進められています。好きな部活を思う存分できるといいですね。ちょっと、変わったグラフが使われています。見てみましょう。

初めての人は、「気候変動を考えたことはありますか」や「日本の人口の推移」、「日本の国家予算」、「ロシアがウクライナに侵攻した影響」などを準備しています。

レッスンの間に400字~800字の作文や意見文の課題があります。できたらやってみてください。受験対策でレッスンを受けているのなら、目標の学校の指定行数に合わせて書いてみましょう。何回でも添削してお返しいたします。

2月のレッスンは次の通りです
水曜日(8日・15日と22日・3月1日)
17:00〜
17:30〜

レッスン内容を説明するガイダンスの機会を設けています。レッスンの前の土曜日か日曜日の夕方に15分ほど時間を取りますので、ご遠慮なくお尋ね下さい。

随時個人レッスンの時間も設けています。相談に応じます。
(時刻の変更、振替も相談に応じます)

ウイズダムアカデミー 脇阪 嘉明

3月8日(水)・15日(水)「出生数80万人下回る時代に突入」
3月22日(水)・29日(水)「コンビニは増え、百貨店は減っている?」

脇阪先生より

「図・表・グラフから読み取れることを考えよう」の受講者の皆様へ ('23年3月第1回、第2回分)

図や表、グラフを読み取れるお子さんにしませんか?
講師の脇阪嘉明です。

このレッスンは、中学入試や高校・大学入試に良く出る、図や表・グラフからどんなことが読み取れるかを考え、議論したり文章にしたりするものです。

円グラフや棒グラフなど、様々な数字がグラフで表されています。基本的な縦軸(たてじく)や横軸(よこじく)の見方や、単位に気を付け、数字が何を物語っているのか、社会の背景にどんなことが潜んでいるのかなどを読み解きます。

2023年3月前半のテーマは、「出生数80万人下回る時代に突入」(仮題)です。
日本の少子化が深刻です。政府も本格的な対策を取ろうとしています。昨年の出生数は80万人を下回るとみられています。今の70代の年代は240万人近くいましたので、多い時と比べると3分の1に減っています。人口が減るとどんなことが起きるのか。どうすれば良いのか、できることは何のか、など考えてみましょう。

3月後半は、「コンビニは増え、百貨店は減っている?」(仮題)です。
皆さんの家の近くにもコンビニはありますね。今ではすっかり生活の中に定着したコンビニ。代わりに百貨店が少しずつ減ってきています。コロナの影響もありましたが、その前から少しずつ、売上が減ってきていて、影響がでていました。どんなことが起きているのでしょうか。グラフを見て考えてみてください。

初めて参加する人には、「気候変動を考えたことはありますか」や「日本の工業」、「日本の国家予算」、「ロシアがウクライナに侵攻した影響」などを準備しています。

レッスンの間に400字~800字の作文や意見文の課題があります。できたらやってみてください。受験対策でレッスンを受けているのなら、目標の学校の指定行数に合わせて書いてみましょう。何回でも添削してお返しいたします。

3月のレッスンは次の通りです
水曜日(8日・15日と22日・29日)
17:00〜
17:30〜
日曜日も相談に応じます。

レッスン内容を説明するガイダンスの機会を設けています。レッスンの前の土曜日か日曜日の夕方に15分ほど時間を取りますので、ご遠慮なくお尋ね下さい。

随時個人レッスンの時間も設けています。相談に応じます。
(時刻の変更、振替も相談に応じます)

ウイズダムアカデミー 脇阪 嘉明