読解力を身につける

「読解力を身につけるレッスン」は、表現力をつけるために必要な読解力を身につけるものです。子ども向け新聞のコラム「天声こども語」(374文字)を書き写すことで、時事ニュースに関心を持ち、語彙力を身につけることができます。
レッスンの1週目は「天声こども語」を段落ごとに要約して120字や150字にします。そのあともう一度余分な修飾語などを削って80字にまとめる練習をします。何回も繰り返すうちに、論理的な思考ができ、要約ができるようになっていきます。
2週目は、そのテーマについて調べたり、意見交換をしたりします。最後は自分の意見を400字の作文にまとめてもらいます。この作文練習を通して、自分の意見を組み立て、プレゼンテーションする力を身につけることができます。作文はレッスン前にメールで提出していただければ添削してお戻しします。

月毎にレッスンの曜日・時間が異なりますので、詳細は下記案内をご覧ください。

7月1日(月)・8日(月)、2日(火)・9(火)、3日(水)・10日(水) カビの力は大事だ」
7月15日(月)・22日(月)、16日(火)・23(火)、17日(水)・24日(水) 「忠犬ハチ公を見たことはありますか」

脇阪先生より

「読解力を身につける」受講者の皆様へ (7月第1回、第2回分)

小学校、中学校で学ぶ国語がどうも苦手だ。長い文章をどう読よんだら良いか、よくわからない。何が書いてあるのか、難しくてわからない。そんなお子さんに「読解力を身につける」講座はいかがですか。得意なお子さんにとっては、文章力がつくとともに、要約する力とともに、時事ニュースにも強くなります。自然に文章が読みとれるようになり、言いたいことが論理的に書けるようになります。プレゼンの力もつきます。

中学、高校受験や大学入試共通テストなどで求められる「思考力・判断力・表現力」の基本の力を身につけ、書く力をつける講座です。

朝日小学生新聞に掲載されている「天声こども語」から時々のテーマを選び、それを読んで、書き写しや要約をしてもらいます。レッスンでは、接続語や指示語の、助詞の使い方も学んでいきます。また、そこに書かれている話にまつわる時事ニュースも考えていきます。

レッスンは、月、火、水の17時半〜を基本にしています。
7月1日(月)と8日(月)、2日(火)と9日(火)、3日(水)と10日(水)、15日(月)と22日(月)、16日(火)と23日(火)、17日(水)と24日(水)です。2週(2回)で1つのテーマを扱います。
月4回が基本ですので、最終週はお休みです。振替は随時できます。

2024年7月最初のテーマは「カビの力は大事だ」仮題)です。
カビの力が食べ物には欠かせない。みそやしょうゆはカビの力を借りています。ヨーグルトや納豆もそうです。食品が腐るもの発酵と原理は同じだが、人の役に立つかどうかで、用語が違ってくる。みなさんも、いろいろなものを食べています。探してみてください。

7月の二つ目は「忠犬ハチ公を見たことはありますか」(仮題)です。
東京・渋谷の駅前に「忠犬ハチ公」の像があります。見たことはありますか。100年も前のことですが、飼い主で亡くなった大学教授を待って10年も駅に通っていたそうです。健気な犬ですね。秋田犬という種類で、人間に忠実な性格のようです。みなさんも、こんな犬に出会ってみたいですね。

「皆さんに事前にやってもらいたいこと」は、まず、声に出して読んでみることです。音読です。この文章は全部で374文字あります。1分〜2分で読めるはずです。読むときは「は」や「が」で一息休んでください。何の話が書かれているか、何が主語なのかを見つけるくせをつけましょう。そのあと、書き写してみてください。20分から30分でできると思います。その後は、4つの段落ごとに短くして(要約)、合計120字~150字でまとめてみてください。

その次に全体を80字程度に要約してみてください。主語はなるべく繰り返さず、全体像をとらえて思い切って短くしてください。一つの文章を短くする工夫をしてみましょう。そして最後は見出しです。できたら二つか三つ考えてみてください。主語と述語を組み合わせて、短い文にしてみましょう。それぞれ送ってくだされば添削して返送します。何回でもOKです。宿題のご相談にも応じます。

課題は1回目のレッスンの後、お伝えします。できたらやってみてください。
起承転結の形でも意見文の形でも結構です。添削して返送いたします。頑張って少しずつやってみましょう。文章を書くコツをつかめるようになります。

レッスンは月、火、水曜日の17時半~が基本です。
月曜日(7月1日・8日、15日・22日)
17時半〜

火曜日(7月2日・9日、16日・23日)
17時半〜

水曜日(7月3日・10日、17日・24日)
17時半〜

レッスン日のご相談をお受けいたします。遠慮なくお尋ねください。
ガイダンスもZOOMで行いますので、ご相談ください。

ウイズダムアカデミー 脇阪 嘉明

8月5日(月)・12日(月)、6日(火)・13(火)、7日(水)・14日(水) 「中学の制服が変わってきている
8月19日(月)・26日(月)、20日(火)・27(火)、21日(水)・28日(水) 「ライドシェアーって聞いたことありますか」

脇阪先生より

「読解力を身につける」受講者の皆様へ (8月第1回、第2回分)

「読解力」があらゆる学びに影響を与えるようになっています。長い文章をどう読んだら良いか、よくわからない。何が書いてあるのか、難しくてわからない。国語にかかわらず、算数の文章題や理科、社会にも読解力が関係してきます。そこで、「読解力を身につける」講座はいかがですか。文章を書き、要約する力とともに時事ニュースにも強くなります。自然に文章が読みとれるようになり、言いたいことが論理的に書けるようになります。プレゼン力も身に付きます。

中学、高校受験や大学入試共通テストなどで求められる「思考力・判断力・表現力」の基本の力を身につけ、書く力をつける講座です。

朝日小学生新聞に掲載されている「天声こども語」から時々のテーマを選び、それを読んで、書き写しや要約をしてもらいます。レッスンでは、接続語や指示語の、助詞の使い方も学んでいきます。また、そこに書かれている話にまつわる時事ニュースも考えていきます。

レッスンは、月、火、水の17時半〜を基本にしています。
8月5日(月)と12日(月)、19日(月)と26日(月)、6日(火)と13日(火)、20日(火)と27日(火)、7日(水)と14日(水)、21日(水)と28日(水)です。2週(2回)で1つのこども語テーマを扱います。

夏休みですので、それぞれのお休みに応じて振替は相談に応じます。

2024年8月最初のテーマは「中学の制服が変わってきている」(仮題)です。
中学校の制服が変わってきています。皆さんのお父さんやお母さんの時代のような「つめえり」や「セーラー服」からブレザー型を選ぶ学校が増え始めています。男女を分けずに、どちらも選べるスラックスにする学校も出てきています。時代の変化ですね。何が背景にあるのでしょうか。考えてみましょう。

二つ目は「ライドシェアーって聞いたことありますか」(仮題)です。
人口減少が進み、タクシーの運転手もあちらこちらで不足してきています。その対策の一つとして、ライドシェアーが4月から始まりました。まだ、東京などの都会や観光地に限られていますが、過疎地でも例外的に認められています。海外では早くからサービスが始まっていましたが、日本ではなぜ広まっていなかったのでしょうか。考えてみてください。

「皆さんにやってもらいたいこと」は、まず、声に出して読んでみることです。音読です。この文章は全部で374字あります。大きな声を出して1分~2分で読めるはずです。読むときは「は」や「が」で一息休んでください。何の話が書かれているか、何が主語なのかを見つけるくせをつけましょう。そのあと、書き写してみてください。20分から30分でできると思います。その後は、4つの段落ごとに短くして(要約)、合計120字~150字でまとめてみてください。

その次に全体を80字程度に要約してみてください。主語はなるべく繰り返さず、全体像をとらえて思い切って短くしてください。一つの文章を短くする工夫をしてみましょう。そして最後は見出しです。できたら二つか三つ考えてみてください。主語と述語を組み合わせて、短い文にしてみましょう。それぞれ送ってくだされば添削して返送します。何回でもOKです。宿題のご相談にも応じます。

課題は1回目のレッスンの後、みなさんにお伝えします。できたらやってみてください。
起承転結の形でも意見文の形でも結構です。添削して返送いたします。頑張って少しずつやってみましょう。文章を書くコツをつかめるようになります。

レッスン日は月、火、水曜日の17時半~が基本です。
月曜日(8月5日・12日、19日・26日)
17時半〜

火曜日(8月6日・13日、20日・27日)
17時半〜

水曜日(8月7日・14日・21日、28日)
17時半〜

レッスン日のご相談をお受けいたします。遠慮なくお尋ねください。
ガイダンスもZOOMで行いますので、ご相談ください。

ウイズダムアカデミー 脇阪 嘉明

9月2日(月)・9日(月)、4日(水)・11日(水) 人手不足が深刻になってきている」
9月16日(月)・23日(月)、18日(水)・25(水)「通勤に東京湾を船で?」

脇阪先生より

「読解力を身につける」受講者の皆様へ (9月第1回、第2回分)

「読解力」があらゆる学びに影響を与えるようになっています。長い文章をどう読んだら良いか、よくわからない。何が書いてあるのか、難しくてわからない。国語にかかわらず、算数の文章題や理科、社会にも読解力が関係してきます。

そこで、「読解力を身につける」講座はいかがですか。文章を書き、要約する力とともに時事ニュースにも強くなります。自然に文章が読みとれるようになり、言いたいことが論理的に書けるようになります。プレゼン力も身に付きます。

中学、高校受験や大学入試共通テストなどで求められる「思考力・判断力・表現力」の基本の力を身につけ、書く力をつける講座です。

朝日小学生新聞に掲載されている「天声こども語」から時々のテーマを選び、それを読んで、書き写しや要約をしてもらいます。レッスンでは、接続語や指示語それに助詞の使い方も学んでいきます。また、そこに書かれている話にまつわる時事ニュースも考えていきます。

レッスンは、月、水の17時半〜を基本にしています。
9月2日(月)と9日(月)、16日(月)と23日(月)、4日(水)と11日(水)、18日(水)と25日(水)です。

2024年9月最初のテーマは「人手不足が深刻になってきている」仮題)です。
日本の人口減少の影響が仕事をする人に出てきています。特に今年はトラック運転手や建設現場、医師などが注目されています。それぞれ大変な仕事で、急に増やそうとしてもなかなかうまくいきません。人口も急に増やすことは難しく、解決策をどのように見つければよいのか、知恵の出しどころです。皆さんも考えてみましょう。

9月の二つ目は「通勤に東京湾を船で?」(仮題)です。
満員電車を避け、東京湾を船で通勤する計画が進んでいます。バスや電車の混雑と違い、一隻に乗る人は少なく、海風を感じながらの通勤の気分は良さそうです。金額もそれほど高くはないようで、案外人気がでるかもしれません。

「皆さんにやってもらいたいこと」は、まず、声に出して読んでみることです。音読です。この文章は全部で374字あります。大きな声を出して1分~2分で読めるはずです。読むときは「は」や「が」で一息休んでください。何の話が書かれているか、何が主語なのかを見つけるくせをつけましょう。そのあと、書き写してみてください。20分から30分でできると思います。その後は、4つの段落ごとに短くして(要約)、合計120字~150字でまとめてみてください。

その次に全体を80字程度に要約してみてください。主語はなるべく繰り返さず、全体像をとらえて思い切って短くしてください。一つの文章を短くする工夫をしてみましょう。そして最後は見出しです。できたら二つか三つ考えてみてください。主語と述語を組み合わせて、短い文にしてみましょう。それぞれ送ってくだされば添削して返送します。何回でもOKです。宿題のご相談にも応じます。

課題は1回目のレッスンの後、みなさんにお伝えします。できたらやってみてください。
起承転結の形でも意見文の形でも結構です。添削して返送いたします。頑張って少しずつやってみましょう。文章を書くコツをつかめるようになります。

レッスン日は月、水曜日の17時半~が基本です。
月曜日(9月2日・9日、16日・23日)
17時半〜

水曜日(9月4日・11日、18日・25日)
17時半〜

レッスン日のご相談をお受けいたします。遠慮なくお尋ねください。
ガイダンスもZOOMで行いますので、ご相談ください。

ウイズダムアカデミー 脇阪 嘉明

図・表・グラフから読み取れることを考えよう

「図・表・グラフから読み取れることを考えよう」のレッスンは、最近の中学入試や高校・大学入試に良く出る、図や表・グラフからどんなことを読み取れるかを考え、文章にするレッスンです。基本的な縦軸(たてじく)や横軸(よこじく)の見方や、単位に気を付け、数字が何を語っているのか、社会的な背景にどんなことが潜んでいるのかなどを読み解きます。

<レッスン日時>
継続の方、新規の方
月毎に時間が異なりますので、下記ご案内をご参照ください。
※土曜、日曜日も個別レッスンの相談に応じます。

7月1日(月)・8日(月)、2日(火)・9日()「ブロッコリーが指定野菜に」
7月15日(月)・22日(月)、16日()・23日()
日本のごみは燃やすのがよいのか、埋めるのがよいのか

脇阪先生より

「図・表・グラフから読み取れることを考えよう」の受講者の皆様へ (7月第1回、第2回分)

図や表、グラフを読み取れるお子さんにしませんか?
講師の脇阪嘉明です。

このレッスンは、中学入試や高校・大学入試に良く出る、図や表・グラフからどんなことが読み取れるかを考え、議論したり文章にしたりするものです。図・表・グラフへの抵抗感をなくすために、そのグラフが表していることの背景を知っておきましょう。円グラフや棒グラフなど、様々な数字がグラフで表されています。

基本的な縦軸(たてじく)や横軸(よこじく)の見方や、単位に気を付け、数字が何を物語っているのか、社会の背景に何が潜んでいるのかなどを読み解きます。

2024年7月前半のテーマは、「ブロッコリーが指定野菜に」(仮題)です。
ブロッコリーが指定野菜になることが決まりました。新規追加は実に半世紀ぶりです。久しぶりに新しい野菜が追加されました。なぜ、ブロッコリーが選ばれたのでしょうか。産地はどこが多いのでしょうか。アメリカ産が多かった時代からわずか20年。今では国産が大半を占めるようになりました。皆さんは、どんな料理で食べるのが好きですか。

7月後半は、「日本のごみは燃やすのがよいのか、埋めるのがよいのか」(仮題)です。
日本のごみの埋め立てる土地の面積が減ってきています。最終処分場の残りの年数は20年余しかありません。では、燃やせばよいのだろうか。世界に比べて日本は燃やすごみの割合が高くなっています。そもそも、もっと再利用できないのか、を考えてみる必要があるようです。とても大事な問題です。

*初めてレッスンを受ける人には、「図・表・グラフの基本」をはじめ、「日本の人口はどうなっていくのか」「気候変動の影響を考えたことはありますか」や「日本の工業」「ロシアがウクライナに侵攻した影響」「日本の一次産業が変わってきている」など、基本的なテーマから学んでいきます。

レッスンの間に200字~400字の作文や意見文の課題があります。できたらやってみてください。受験対策でレッスンを受けているのなら、目標の学校の指定行数に合わせて書いてみましょう。何回でも添削してお返しいたします。

7月のレッスンは次の通りです
月曜日(7月1日、8日と15日、22日)の16時半〜(主に初めての方)
火曜日(7月2日、9日と16日、23日)の16時半~(主に初めての方)
連休中はお休みすることもあります。
土、日曜日のレッスンもご相談に応じます。

レッスンの内容や進め方を説明するガイダンスの機会を設けています。土、日曜日の夕方15分ほど時間を取りますので、お尋ね下さい。(開始時刻の変更、振替も相談に応じます) 

ウイズダムアカデミー 脇阪 嘉明

8月5日(月)・12日(月)、6日(火)・13日()「日本の豊かさは世界の中では?」
8月19日(月)・26日(月)、20日()・27日()
生成AIはどこまで行くのだろう

脇阪先生より

「図・表・グラフから読み取れることを考えよう」の受講者の皆様へ (8月第1回、第2回分)

図や表、グラフを読み取れるお子さんにしませんか?
講師の脇阪嘉明です。

このレッスンは、中学入試や高校・大学入試に良く出る、図や表・グラフからどんなことが読み取れるかを考え、議論したり文章にしたりするものです。図・表・グラフへの抵抗感をなくすために、そのグラフが表していることの背景を知っておきましょう。円グラフや棒グラフなど、様々な数字がグラフで表されています。

基本的な縦軸(たてじく)や横軸(よこじく)の見方や、単位に気を付け、数字が何を物語っているのか、社会の背景に何が潜んでいるのかなどを読み解きます。

2024年8月前半のテーマは、「日本の豊かさは世界の中では?」(仮題)です。
国連が、世界の国の豊かさを順位付けしています。日本は24位で、前回調査より少し順位を下げました。格差が開いて二極化しているという評価です。多様性を認めるかどうかの評価もなかなか上がらず、活力ある社会を遠ざけてしまっているようです。みんなが豊かさを実感できるようになるためにどうすればよいのか、考えてみてください。

後半は、「生成AIはどこまで行くのだろう」(仮題)です。
人工知能が生まれ、生成AIも新しい時代に入りました。最新のものは人間同士が会話するようなレベルに達しています。もう、人間ができることの多くは生成AIでできるのではないか、と心配になります。自分の苦手なことをやってもらえるかも、という考えも出てきますが、いろんな禁止事項があります。注意しましょう。

*初めてレッスンを受ける人には、「図・表・グラフの基本」をはじめ、「日本の人口はどうなっていくのか」「気候変動の影響を考えたことはありますか」や「日本の国家予算」「ロシアがウクライナに侵攻した影響」「日本の一次産業が変わってきている」など、基本的なテーマから学んでいきます。

レッスンの間に200字~400字の作文や意見文の課題があります。できたらやってみてください。受験対策でレッスンを受けているのなら、目標の学校の指定行数に合わせて書いてみましょう。何回でも添削してお返しいたします。

8月のレッスンは次の通りです
月曜日(8月5日、12日と19日、26日)の16時半〜
火曜日(8月6日、13日と20日、27日)の16時半~(主に初めての方)
土、日曜日のレッスンもご相談に応じます。

レッスンの内容や進め方を説明するガイダンスの機会を設けています。土、日曜日の夕方15分ほど時間を取りますので、お尋ね下さい。(開始時刻の変更、振替は随時可能です) 

ウイズダムアカデミー 脇阪 嘉明

【初めての方】9月3日(火)・10日(火)「日本の人口減少問題をどう考えればよいか
9月17日(火)・24日(火)図・表・グラフの基本型
【継続の方】9月2日(月)・9日(月)「空き家がどんどん増えている
9月 16日(月)・23日(月)「農業基本法が25年ぶりに変わる

脇阪先生より

「図・表・グラフから読み取れることを考えよう」の受講者の皆様へ (9月第1回、第2回分)

図や表、グラフを読み取れるお子さんにしませんか?
講師の脇阪嘉明です。

このレッスンは、中学入試や高校・大学入試に良く出る、図や表・グラフからどんなことが読み取れるかを考え、議論したり文章にしたりするものです。図・表・グラフへの抵抗感をなくすために、そのグラフが表していることの背景を知っておきましょう。円グラフや棒グラフなど、様々な数字がグラフで表されています。

基本的な縦軸(たてじく)や横軸(よこじく)の見方や、単位に気を付け、数字が何を物語っているのか、社会の背景に何が潜んでいるのかなどを読み解きます。

初めての方の2024年9月前半は、「日本の人口減少問題をどう考えればよいか」(仮題)です。
日本は人口減少が進み、子どもが生まれた数は70数満人にとどまっています。今のお祖父さんお祖母さん世代の三分の一にまで減っています。働く人材も減少を続け、運転手など様々な分野で人が足りなくなっています。先進国の多くが同じ道を辿り、移民政策を進めたりしながら人口減少に対応しています。日本はどうすればよいのか、考えてみましょう。

9月後半は「図・表・グラフの基本型」(仮題)です。
図や表には目的に応じた形があります。棒グラフや折れ線グラフなど、いくつか型が決まっていて、注意点もほぼ決まっています。それぞれのグラフや表を見ながら、そのグラフや表から何を読み解けばよいのかを学びましょう。時代の出来事や変化がグラフに表れているので、背景を知ると、分かるようになります。

継続されている方の9月前半のテーマは、「空き家がどんどん増えている」(仮題)です。
日本中の空き家の数は、住宅全体の約14%にあたる900万戸にのぼり、前年より50万戸以上増えています。5年に1回の調査で明らかになりました。人口減少が進み、高齢化が進んでいる地方の割合が多くなっています。日本は総世帯数も減ってきていて、世帯数の減少に合わせて住宅数も減らしていく必要があります。困ることはどんなことでしょうか。

後半は、「農業基本法が25年ぶりに変わる」(仮題)です。
農業政策の憲法といわれる農業基本法が25年ぶりに改正されることになりました。日本の食料自給率は覚えていますか。なかなか増えません。農業に従事する人も減り続け、平均年齢も上がっています。食料の調達が難しくなることも予想され、安定的に自給できるようにする必要があるという考え方です。日本の農業を考えてみてください。

*初めてレッスンを受ける人には、「日本の人口はどうなっていくのか」や「図・表・グラフの基本」をはじめ、「気候変動の影響」や「日本の国家予算」「ロシアがウクライナに侵攻した影響」「日本の一次産業が変わってきている」など、基本的なテーマから学んでいきます。

レッスンの間に200字~400字の作文や意見文の課題があります。できたらやってみてください。受験対策でレッスンを受けているのなら、目標の学校の指定行数に合わせて書いてみましょう。何回でも添削してお返しいたします。

9月の初めての方のレッスンは次の通りです。
火曜日(9月3日、10日と17日、24日)の17時半~
土、日曜日のレッスンもご相談に応じます。

9月の継続の方のレッスンは次の通りです。
月曜日(9月2日、9日と16日、23日)との16時半〜
土、日曜日のレッスンもご相談に応じます。

レッスンの内容や進め方を説明するガイダンスの機会を設けています。土、日曜日の夕方15分ほど時間を取りますので、お尋ね下さい。(開始時刻の変更、振替は随時可能です) 

ウイズダムアカデミー 脇阪 嘉明